大きくなるっていう事は

宝塚大劇場から徒歩15分の自宅でパン教室をしている柳瀬美仁です。

私には溺愛する6歳の甥がいます。
他人様からみたら、ちょっと太り気味なただの男の子。
だけど私には可愛くて仕方ないのです。

去年まで私は大阪に勤めていたのですが、
毎朝通勤電車から西猪名ウォーターランドが見えていました。
甥が3歳になった時、ここに甥と一緒に来たいなと思って水着を買ってやりました。
青い恐竜さんの水着。

甥を連れていざ行ったのですが…。
歓声や、たくさん並ぶ色とりどりのテントに圧倒されたのか
「グランマのお顔が見たくなった…」と言いだして、
公園の前まで来て引き返す事になりました。

翌年、甥が4歳になってから連れて行ったところ、
大いに楽しみ、あんまり楽しすぎて返りたくないと言いだしました。
なんだか私も嬉しくて、何度も行っては閉園まで遊びまくりました。

甥が5歳になった時、青い恐竜さんの水着は小さくなってしまったので
緑の恐竜さんの水着を買いました。
西猪名ウォーターランドにも行って楽しんだのですが、
夏の終わりに行こうとしたところ、JRが沿線火事の為に不通になるというアクシデントが起こり、
急遽バスに乗って市民プールに行きました。
それが楽しかったのですね。

甥が6歳になった今年は、緑の恐竜さんの水着も小さくなって
緑とグレーのモンベルの水着になりました。
もう恐竜さんのプリントはついていません。
そして、主に市民プールへ行くのが主になりました。

夏休みも終わった昨日の日曜日、猛暑に見舞われましたが、
もう市民プールは営業していなかったので、
今シーズン初めて西猪名ウォーターランドに行ったのです。

あれ? 滑り台小さくなってるね! と甥。
何もかもが小さくなっていて、水はあまりにも浅く、
なんとなく物足りない…。

楽しく遊びはしたけれど、
もう甥とここへ来ることはないんだなと、
私はちょっと泣きそうでした。

大きくなるってそういう事。
甥も、そして私のパン教室も…かな?

初めて西猪名ウォーターランドに行った時の4歳の甥。
青い恐竜さんの水着を着ています。

そして、おそらく最後の西猪名ウォーターランドにいった際の帰りの電車にて、6歳の甥。

ありがとう。西猪名ウォーターランド。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です