乳酸菌発酵の漬物

宝塚大劇場から徒歩15分の自宅でパン教室をしている柳瀬美仁です。

最近は味噌みそミソ!と叫んでいますが、パン教室だってやってます。パン教室をやっていると、当然スーパーにお買い物にいく機会があるわけで…。先日もスーパーに行くと、兵庫県産白菜が1個100円で出ていました。

白菜1個100円よ!
1/4個とかじゃなくて、丸まる1個よ!

で、3つお買い上げ!ホントはもっと欲しかったけど、車に乗る習慣のない私は白菜3個担いで帰らなくちゃいけないんです。だから3個が限度。

この白菜をどうしたかというと…。

母にお漬物にしてもらったんです。塩だけで漬ける白菜漬け。白菜に塩をして、ある程度水が上がってきたら(ここで食べても浅漬けで美味しい)、昆布とか唐辛子なんかも加えてさらに漬け込みます。

すると…。

乳酸菌発酵してくるんですね。この乳酸菌こそが、最近話題の生きたまま腸に届く植物性乳酸菌です。過酷な塩の殺菌力から生き延びたこの乳酸菌はとってもたくましいんだとか。

私、かつてライターの仕事をしていたこともありまして。京都のとある老舗のお漬物屋さんに取材に行った事があるのですね。そこはさすが老舗!昔ながらの木の大樽に塩だけで漬け込むお漬物を見せていただくことができました。

その大樽には、上の写真のような乳酸菌がもうぶくぶくついていたんですよ。ちょっと感動でした。あの時以来、私はお金出して買うなら、あそこのお漬物だよなと思っています。

ただ、浅漬けは買わない。
どこのお店? なんで浅漬けは買わないの?
なんて思われた方は、聞いて下さいね。発酵時間にでもお話しますね。

そんなわけで、パン教室もやってますってお話でした。なんか違うかな? ははは!

お問合・ご予約はこちらから

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です