課題のパン、アインバック

宝塚大劇場から徒歩15分の自宅でパン教室をしている柳瀬美仁です。

アインバックといドイツパンを焼きました。卵黄、バター、砂糖がたっぷり入った、とてもリッチなパン。

ドイツパンというと、ライ麦パンとか、黒パンとかどっしり重いハード系のパンというイメージがあるのですが、これはソフトで甘くてとても美味しい。もちろん何もつけずにそのままいただきました。

このパン、実は辻製菓専門学校の通信教育講座の課題です。 私、昨年10月からこの講座を受けているのです。かなりがんばってまして、今のところ全ての提出物はちゃんと出してるんですよ。この私が通信でもちゃんと勉強できてるなんて、自分で一番驚いてます!

教科書に載ってた写真はこちら。

私のパンは、なんかずんぐりむっくりですね~。 でも美味しく焼けました。

もっと見た目も美しくすることが課題。

パンを自分で焼くようになると、こうして本やネットで見たレシピをみて作る事も可能になります。みんな可能なのかな? でも私は習って、自分で復習して…って繰り返してからじゃないと、レシピ見ただけじゃ美味しく焼けなかった。

だから、最初だけちょっと習って、自信をつけるのはとても大切だなと思っています。

パン、焼きにきませんか? 私もまだまだ勉強中の身だけど。

お問合せはこちらから

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です