優しい子に育つかな?

宝塚大劇場から徒歩15分の自宅でパン教室をしている柳瀬美仁です。

溺愛する7歳の甥が張り切ってやってきました。
「今日もパン焼く!」

なんでも先日焼いたウインナーチーズパンが、パパとママに大好評だったらしいのです。
私からは手つきが良いと褒められ、家族からは美味しいと褒められ、すっかりその気になった様子。

今日は計量から成形前の霧吹きまで、全て甥自身の手で、私には一切手出しさせず、焼き上げました。
(オーブンに入れるところだけは私。やっぱり高温のオーブンは危ないからね)

以前、70歳を過ぎたベテラン元保育士さんがおっしゃってました。
「子供にパン作りをさせるのはとても良い事。
優しい子に育つわ。
パン生地ってやわらかくてデリケートでしょう?
そんな生地をさわるのってとても大事なのよ。
今はおもちゃでもなんでも硬いから」

そうかもしれない。
確かに甥は、捏ねるのも叩くのも上手。
だけど生地を優しく扱うのはちょっと苦手です。

もっと優しく!
丁寧に!
乱暴に扱わないで!

って私、言い続けていますもの。

自分が捏ね上げて、ふわふわになったパン生地を
発酵が終わって、さらにふわふわに膨らんだパン生地を
扱う甥の手がすこーしずつ、優しく丁寧になってきましたよ。

時に力を入れて
時に優しく
時に丁寧に

そんな扱いを通して、
優しい子になってくれたら良いな
と思うおばちゃまです。

コロナ禍でおうちでお子さんと一緒に
パンやお菓子を焼いたご家庭も多かったのではないでしょうか?
きっと良い経験だったんだと思いますよ。

 

お問合せはこちらから

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です