体調が悪い時はチキンスープ

 

宝塚大劇場から徒歩15分の自宅でパン教室をしている柳瀬美仁です。

まだアメリカ話で恐縮なんですが…。
体調が悪い時って何食べます?お粥と梅干とか、おうどんとか、消化が良くて温かいものですよね。
ではアメリカでは…? チキンスープとはよく言います。

確かに滋養があって温かくて、身体に良さそうですね。
アメリカに渡って数日たって、(私じゃないんだけど)体調が悪いからチキンスープを作ろうって事になった。冷凍庫から丸鶏が出てきて解凍し始める。この段階で、なんだか普通と違うんじゃないかなとの思いが頭をかすめだす。

解凍された丸ごとチキンを良く洗い(向こうはサルモネラ菌がついている場合が多いからね)、そのままルクルーゼの大鍋に入れ、人参、ジャガイモ、玉ねぎ、セロリを小口切りにしたものをたっぷり入れる。塩少々と全ての材料がひたひたになるくらいまで水を加えてコトコト煮込む。

コトコトコトコトコトコト…。

途中、丁寧に灰汁をとりながらコトコトコトコト。

かくして、澄み切った美味しいチキンスープが出来上がった。薄い膜が張っているのは、コラーゲンたっぷりな証拠かしら?

さて。私は体調悪い時はこのスープのみを食べるものだと思っていた(私にとって、スープや味噌汁は飲むではなく食べる)。ところがさにあらず。大きな器にたっぷりの野菜、スープ、そして肉が取り分けられたのだ。そりゃ肉はほろほろと骨から身離れするほどしっかり煮込まれていて柔らかい。けど、だからってそんなにも肉食べるの?

白ごはんもつけて、雑炊にしながら、このスープと野菜、肉を食べる…というより喰らう。これじゃあ精もつくはず。体調悪いからってお粥と梅干しか食べられないなんて事じゃ、この国じゃいけていけないんだなあとしみじみ思う。

2日間ほどで、3人で丸鶏のスープをすっかりたいらげ、みんな元気になりましたとさ。
めでたしめでたし。

荷物はまだ届かない。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です